熾火・燠火(読み)おきび

精選版 日本国語大辞典「熾火・燠火」の解説

おき‐び【熾火・燠火】

〘名〙 (「おきひ」とも)
霊異記(810‐824)下「手の於(うへ)(オキビ)を置き、香を焼きて行道し〈真福寺本訓釈 於支比〉」
の、燃えつきて赤くなったもの。おき。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android