コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燈台鬼(とうだいき)

1件 の用語解説(燈台鬼(とうだいき)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

燈台鬼(とうだいき)

南條範夫の歴史小説遣唐使の父子を題材としている。1956年発表。同年、第35回直木賞受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燈台鬼(とうだいき)の関連キーワード南条範夫詠史遣唐船杉本苑子古川薫アトラス伝説お吟さま孤愁の岸夜と霧の隅で遣唐使ふるさと館

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone