父子(読み)フシ

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐し【父子】

〘名〙 父と子。おやこ。父児。
※律(718)賊盗「若率部衆十人以上、父子配遠流」 〔易経‐序卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の父子の言及

【家父長制】より

…しかし殷代の父は一面で実父の世代に与えられた類別的親族称呼でもあった(多父)。殷の中期以後,王位の継承は兄弟相続から父子相続に変化し,周も嫡長子を宗家の継承人とする宗法が発達したが,殷・周時代の父子関係にはまだ宗族組織が強くからんでいた。住居と財産を共用する家族が政治体制に編成されて社会の基本単位となるのは春秋戦国以後である。…

※「父子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android