同年(読み)ドウネン

デジタル大辞泉の解説

どう‐ねん【同年】

同じ年。また、前に述べた、その年。「同年の四月」
同じ年齢。また、同じ学年。「同年の若者」
[アクセント]1ーネン、2はドーネン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どうねん【同年】

[0] 同じ年。
[0] 同じ年齢。
[1] (前に述べた)その年。
[0] 同じ学年。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おない‐どし【同年】

〘名〙 (「おなじとし(同年)」の変化した語) 年齢が同じであること。また、その人たち。どうねん。
※玉塵抄(1563)二三「裴度どのと同申辰と云おないどしと云たぞ」

おなじ【同】 年(とし)

① その年。当年。
※千載(1187)哀傷・五六二・詞書「おなじとしの冬」
② 年齢が同じであること。また、その人。おないどし。同年(どうねん)
源氏(1001‐14頃)乙女「きんぢらは、おなじ年なれど」

どう‐ねん【同年】

〘名〙
① 同じ年。〔文明本節用集(室町中)〕
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉一一「同年(どうネン)同月同日に生れずといへども」
② 同じ学年
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一五「大学では甲野さんも小野さんも同年(ドウネン)だった」
③ 同じ年齢。同年齢。
※菅家文草(900頃)四・寄雨多県令江維緒一絶「州官県吏更相混、乙丑同年鬢早霜」 〔後漢書‐鍾皓伝〕
④ 前に述べたその年。
※増鏡(1368‐76頃)一「同年の十月廿五日に御禊、十一月十八日に大嘗会なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

同年の関連情報