コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕志(1) えんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

燕志(1) えんし

?-? 江戸時代中期-後期の俳人。
紀伊有田郡(和歌山県)の商家の妻。二桃庵岷考にまなび,庵号を華鏡井と称した。天明8年(1788)刊の三熊野紀行「浜ゆふの記」のほか,橋本琴上(きんじょう)との共編「笠の塵(ちり)」をのこした。本名は橋本つね。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

燕志(1)の関連キーワード俳人

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android