コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

爪床

栄養・生化学辞典の解説

爪床

 板の下にある皮膚

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐しょう〔サウシヤウ〕【爪床】

下面が接している皮膚の部分をいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の爪床の言及

【つめ(爪)】より

…かぎづめclawは鳥類,爬虫類のつめと同様の基本構造をもつ最も普通に見られるつめで,単孔類,有袋類,食虫類,翼手類,齧歯(げつし)類,貧歯類,有鱗類,ウサギ類,食肉類などがこれをもつ。かぎづめは,露出した部分(爪体(そうたい))の上面を占め,正中線で折れ曲がって,横断面がV字形を呈する爪板(そうばん)(爪壁)と,その下側にあって左右の爪板をつなぐ爪床(そうしよう)(爪底,爪蹠(そうしよ))よりなり,これらが筒を形成して指骨の端節部を包む。爪板はかぎ状に湾曲し,先端がとがっていることが多いが,ネコ類ではとくに強く湾曲して先が鋭く,重要な武器となっている。…

※「爪床」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

爪床の関連キーワードアニリン中毒爪甲剥離症チアノーゼひづめ爪病爪母平爪

爪床の関連情報