コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧之(ぼくし)

デジタル大辞泉プラスの解説

牧之(ぼくし)

新潟県、青木酒造株式会社の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の牧之(ぼくし)の言及

【鈴木牧之】より

菅江真澄と並び江戸時代後期の地方文人として名高い。幼名を弥太郎,成人して儀三治と改め,牧之と号した。文筆の才に恵まれており,越後の風土を描いた《北越雪譜》(1836‐42)は,雪国の自然や生物,機織業やサケ漁,古い民俗信仰の実態などをまとめた名作として知られている。…

※「牧之(ぼくし)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

牧之(ぼくし)の関連キーワード静岡県牧之原市鬼女新田静岡県牧之原市汐見台静岡県牧之原市西萩間静岡県牧之原市須々木静岡県牧之原市新庄静岡県牧之原市白井静岡県牧之原市静谷新潟県南魚沼市塩沢静岡県牧之原市嶋静岡県島田市金谷鈴木牧之記念館牧之田好美諸国畸人伝牧之原市山東京水小林 存北越雪譜鈴木牧之秋山記行越後上布

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android