コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牧之(ぼくし)

デジタル大辞泉プラスの解説

牧之(ぼくし)

新潟県、青木酒造株式会社の製造する日本酒

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の牧之(ぼくし)の言及

【鈴木牧之】より

菅江真澄と並び江戸時代後期の地方文人として名高い。幼名を弥太郎,成人して儀三治と改め,牧之と号した。文筆の才に恵まれており,越後の風土を描いた《北越雪譜》(1836‐42)は,雪国の自然や生物,機織業やサケ漁,古い民俗信仰の実態などをまとめた名作として知られている。…

※「牧之(ぼくし)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牧之(ぼくし)の関連キーワード静岡県牧之原市鬼女新田静岡県牧之原市西萩間静岡県牧之原市大寄静岡県牧之原市大沢静岡県牧之原市落居静岡県牧之原市和田静岡県牧之原市女神静岡県牧之原市笠名静岡県牧之原市切山静岡県牧之原市勝間新潟県南魚沼市塩沢静岡県牧之原市勝俣静岡県島田市金谷鈴木牧之記念館牧之田好美諸国畸人伝小林 存牧之原市山東京伝秋山記行

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android