コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物し モノシ

デジタル大辞泉の解説

もの・し【物し】

[形シク]
いとわしい。気ざわりである。不快である。
「いとすさまじう、―・し」〈桐壺
不気味である。あやしい感じがする。
「夢に―・しくみえしなどいひて」〈かげろふ・上〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ものし【物し】

( 形シク )
不快だ。いとわしい。気にさわる。 「故尼君も、かしこに渡り給はむことを、いと-・しと思したりしことなれば/源氏 若紫

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

物しの関連キーワードエッジワース(Francis Ysidro Edgeworth)遅い・鈍い・晩いりょうりょうじ罷づ・罷出づ百川治兵衛忝い・辱いヘイウッド聞き敢ふ這い蹲う上がり膳消え入るさがないおさおさ差し過ぐ相生獅子あいだるベルトロ世を離る証拠物件おぼおぼ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物しの関連情報