コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物申し モノモウシ

デジタル大辞泉の解説

もの‐もうし〔‐まうし〕【物申し】

《古くは「ものまをし」》
神や天皇など高貴な方に申し上げること。あるいは取り次いで伝えること。また、その職の人。
「縄の端に鐸(ぬりて)を懸けて、―に労ること無かれ」〈顕宗紀〉
祝詞などを奏すること。
「―の声、皺(しわ)ぶる人なれば、をかしと聞こえたる」〈読・春雨・目ひとつの神〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物申しの関連情報