コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

物申し モノモウシ

デジタル大辞泉の解説

もの‐もうし〔‐まうし〕【物申し】

《古くは「ものまをし」》
神や天皇など高貴な方に申し上げること。あるいは取り次いで伝えること。また、その職の人。
「縄の端に鐸(ぬりて)を懸けて、―に労ること無かれ」〈顕宗紀〉
祝詞などを奏すること。
「―の声、皺(しわ)ぶる人なれば、をかしと聞こえたる」〈読・春雨・目ひとつの神〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

物申しの関連情報