コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春雨物語 はるさめものがたり

6件 の用語解説(春雨物語の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

春雨物語
はるさめものがたり

江戸時代後期の読本上田秋成作。 10巻。文化5 (1808) 年頃成立。「血かたびら」「目ひとつの神」など 10話から成る。翻案の要素は薄く,国学者としての秋成の歴史観を盛込んだ明確なテーマをもち,構成もまとまり,小説としてのおもしろみを十分もっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はるさめものがたり【春雨物語】

読本(よみほん)。上田秋成作。文化5年(1808)ごろの成立。古典から題材をとった短編歴史小説10編からなる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

春雨物語【はるさめものがたり】

江戸後期の読本。上田秋成著。1808年成立。数種の自筆本・転写本が現存する。〈血かたびら〉〈天津乙女〉〈海賊〉〈二世の縁(えにし)〉〈目ひとつの神〉〈死首の咲顔(えがお)〉〈捨石丸〉〈宮木が塚〉〈歌のほまれ〉〈樊噌(はんかい)〉の10編の短編物語から成る。
→関連項目雨月物語(文学)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はるさめものがたり【春雨物語】

読本。上田秋成作。10巻。寛政(1789‐1801)の末年ころから最晩年までの約10年をかけて書かれた物語集で,1808年(文化5)10巻にまとめられたあと,翌年にかけて全面的に改稿された。文化6年の最終自筆本のほか,数種の文化5年本(稿本)が伝えられる。内容は三つに大別され,(1)薬子(くすこ)の乱に取材し,平城(へいぜい)帝の内面の推移を描いた〈血かたびら〉,列伝ふうの人物批評をまじえながら,良岑宗貞(のちの僧正遍昭)を中心に平安初期の時代相を描いた〈天津処女(あまつおとめ)〉,紀貫之に対して,自由人文室秋津(ふんやのあきつ)の口をかりて作者の持説を語る〈海賊〉など冒頭の歴史物語,(2)妖異な神々が,都を志す旅の若者に歌道伝授の無意味を諭す〈目ひとつの神〉,歌の遇不遇を論ずる万葉類歌論にあわせて自己の歌道論を記した〈歌のほまれ〉など,作者の学問研究の成果を芸文のかたちに変換した寓言(ぐうげん)小説(〈海賊〉をこれに含めることもできる),(3)蘇生した入定(にゆうじよう)僧の聖性脱落のさまを描いた〈二世の縁〉,結婚を阻まれた妹の首を兄が婚家の庭先で斬り落とす悲劇を描く〈死首の咲顔(えがお)〉,野性の男が主殺しの誤解をうけて逃亡ののち,一念発起して青の洞門を開削する〈捨石丸〉,悲恋の遊女が入水して節をとおす〈宮木が塚〉,奔放無頼な野性児大蔵が悪業を重ねながら全国を放浪し,のち頓悟するまでの魂の遍歴と成長を描いた〈樊噲(はんかい)〉上下など,口碑巷説に取材した物語である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はるさめものがたり【春雨物語】

読本。上田秋成作。1808年に成るが、翌年にかけて全面的に改稿。全一〇編の短編集で、歴史小説的な体裁の中に、作者の芸術・人生に対する考え方が盛り込まれている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

春雨物語
はるさめものがたり

上田秋成(あきなり)作の小説集。作者最晩年の1808年(文化5)に一度まとめられたあと、没年である翌年にかけて全面的な改稿が行われていた。薬子(くすこ)の乱に取材し、新来の中国文化と古代の心性(エートス)の衝突を描いた「血かたびら」、遍昭(へんじょう)や清麿(きよまろ)の点描を交えつつ王朝初期の時代相を記した「天津処女(あまつおとめ)」、剛直な海賊文屋秋津(ふんやのあきつ)と紀貫之(きのつらゆき)の対話を戯述した「海賊」、掘り出された禅定(ぜんじょう)僧の乾いた生を描いた「二世(にせ)の縁(えにし)」、古怪な野の神の口を借りて自説を開陳した「目(め)ひとつの神」、女性の首を斬(き)り落とすことによって悲恋に結末がつけられた物語「死首(しくび)の咲顔(えがお)」、恩讐(おんしゅう)をのりこえた東北(みちのく)の野生児と若者の話「捨石丸(すていしまる)」、伝説の遊女宮木(みやぎ)の入水(じゅすい)を語った「宮木が塚」、万葉の類歌を論じて自己の歌論を述べた「歌のほまれ」、親殺しの大罪人大蔵が全国を放浪したあと開悟するまでの魂の遍歴を描いた晩年の代表作「樊(はんかい)」の10編からなる。時代の流行とかかわりないところで書かれ、写本の形で伝えられてきた。完本は第二次世界大戦後になって発見された。[中村博保]
『中村博保他校注・訳『日本古典文学全集48 英草紙・西山物語・雨月物語・春雨物語』(1973・小学館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春雨物語の関連キーワード羽倉信美藤簍冊子読本古今和歌集打聴加藤美樹浅茅が宿 秋成幻想『雨月物語』上田瑚璉森山重雄癇癖談

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone