コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐つき

1件 の用語解説(狐つきの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

狐つき

古典落語の演目のひとつ。七代目土橋亭里う馬から六代目三遊亭圓生に受け継がれた。「熊沢蕃山」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

狐つきの関連キーワード村芝居六尺棒お直しくやみ鍬潟小いな駒長酢瓶たばこの火猫退治

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone