コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

率寝 イヌ

デジタル大辞泉の解説

い・ぬ〔ゐぬ〕【寝】

[動ナ下二]連れていって一緒に寝る。共寝をする。
「沖つ鳥鴨どく島に我が―・ねし妹は忘れじ世の尽(ことごと)に」〈・上・歌謡〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬ【率寝】

( 動下二 )
(男が女を)連れて行って一緒に寝る。 「我が-・ねし妹は忘れじ/古事記

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

率寝の関連キーワード彦火火出見尊木梨軽皇子髫髪放り若栗栖原栗栖原古事記髪上ぐ共寝

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android