コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王陵 おうりょう

世界大百科事典内の王陵の言及

【帝王陵】より

…強大な権力をもつ支配者である皇帝,天皇,大王,君主などを埋葬した,地上に大きな構築物をもつ墓を帝王陵という。諸王の王である大王や,大王と同等の,またはそれを上回る権力者の皇帝は,古代統一国家の形成過程のなかから出現したので,一般に帝王陵は,古代帝国の象徴と考えられている。…

【墳墓】より

…墓の内部に墓誌を入れることも,戦国時代(中山王墓)以来行われている。朝鮮では百済の武寧王陵の墓誌が有名である。日本では奈良時代から平安時代初めにかけて,おもに火葬墓に伴っている。…

※「王陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

王陵の関連キーワード開城の歴史的建造物と遺跡トゥトアンクアメンの墓島根県安来市西赤江町アメンホテプ2世プヨ(扶余)邑トゥトモス1世宋山里古墳群ベルツォーニ武寧王(1)カーナーボン慶州98号墳メルネプタハ新羅十二支像陵山里古墳群太子[町]天馬図障泥ルクソール慶州古墳群セティ1世ホレムヘブ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

王陵の関連情報