右丞相(読み)ウショウジョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐しょうじょう ‥ショウジャウ【右丞相】

〘名〙 (「うじょうしょう」とも) 「うだいじん(右大臣)」の唐名。
※菅家文草(900頃)一「早春、陪右丞相東斎、同賦東風粧一レ梅」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の右丞相の言及

【丞相】より

…丞相(〈じょうしょう〉とも読む)はその一つで,秦・漢に始まり,六朝を通じて,おおむね丞相が宰相の名であった。もし2人なる時は,左丞相が上で右丞相を下とする。唐になって三省の長官,中書令,門下侍中,尚書左右僕射を宰相とし,丞相を置かない。…

※「右丞相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android