コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右丞相 ウショウジョウ

世界大百科事典内の右丞相の言及

【丞相】より

…丞相(〈じょうしょう〉とも読む)はその一つで,秦・漢に始まり,六朝を通じて,おおむね丞相が宰相の名であった。もし2人なる時は,左丞相が上で右丞相を下とする。唐になって三省の長官,中書令,門下侍中,尚書左右僕射を宰相とし,丞相を置かない。…

※「右丞相」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

右丞相の関連キーワードボロト・テムル(孛羅帖木児)タシ・テムル(塔失帖木児)エル・テムル(燕鉄木児)マジャルタイ(馬札児台)ハラハスン(哈剌哈孫)ブルハン(不児罕)皇后アシャブハ(阿沙不花)バヤン(伯顔)[元末]テムデル(鉄木迭児)アフタイ(阿忽台)アルトゥ(阿魯図)トクトア(脱脱)アントン(安童)バイジュ(拝住)テクシ(鉄失)英宗[元]藤原師輔史天沢左丞相胡惟庸

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android