コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環貝 たまきがい

大辞林 第三版の解説

たまきがい【環貝】

海産の二枚貝。貝殻はほぼ円形で殻高5センチメートル 内外。厚く硬い。殻表は平滑で白地に褐色の雁木模様がある。かみ合わせの部分に「く」の字形の歯が並ぶ。房総半島以南の浅海の砂底にすむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

環貝 (タマキガイ)

学名:Glycymeris vestita
動物。タマキガイ科の二枚貝

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

環貝の関連キーワードかみ合わせ貝殻円形白地内外浅海海産字形褐色

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android