二枚貝(読み)ニマイガイ

栄養・生化学辞典の解説

二枚貝

 上下二枚の殻をもつ貝で,軟体動物門直体亜門ニマイガイ綱に属する.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にまいがい【二枚貝】

軟体動物斧足おのあし綱に属する貝類の総称。体は左右二枚の貝殻でおおわれ、腹側の中央部に斧おの形の筋肉質の運動器官をもつ。食用となるものが多い。 → 斧足類

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にまい‐がい ‥がひ【二枚貝】

〘名〙 体が左右二枚の貝がらでおおわれている軟体動物の総称。アサリ・ハマグリ・ホタテガイなど。頭がなく、眼も触角もない。足はくさび形。動物分類上では、足の形から斧足(おのあし)類、えらの特徴から弁鰓(べんさい)類などと呼ばれる。淡水、汽水、海水にすみ、世界に二万種以上が棲息。食用になる種類が多く、アコヤガイなど真珠のとれるものもある。二枚貝類。
※旅‐昭和一八年(1943)終刊号・貝から見た南方圏〈高槻俊一〉「マドガヒといふ二枚貝(にマイガヒ)が〈略〉豊富に棲息し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

二枚貝の関連情報