コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生体色素 せいたいしきそ

大辞林 第三版の解説

せいたいしきそ【生体色素】

生物体に由来する色素。この中にはヘモグロビン・クロロフィルなどの代謝の中で重要な働きをするものも多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

生体色素【せいたいしきそ】

生物界に存在する色素の総称で,化学的にはきわめて広範囲のものを含む。おもなものに葉緑素,カロチノイド,フラボノイドなどの植物色素,チトクロム,ヘモグロビン,ミオグロビン,ヘモシアニン,ビリルビンなどの動物色素がある。
→関連項目色素

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の生体色素の言及

【色素】より

…固有の色をもつ物質であっても,色の濃さが著しく小さいものは色素とはいい難い。色素と総称されるものには,動物や植物より得られる天然色素(生体色素),天然物である鉱物をごく簡単な処理で加工した鉱物色素,無機の原料より化学的操作を経て着色を目的として造られた無機顔料,有機合成によって製造された有機工業色素が含まれる。とくに最後の有機工業色素は,色素の中で量的にも金額的にも,あるいは実用範囲の広さにおいても最も大きな部分を占め,主として繊維を染色する目的の染料,各種の材料を着色する有機顔料(この2者には化学的な区別はつけ難い)のほかに,指示薬,生体染色用色素,臨床検査用色素,食品・医薬品・化粧品用色素,写真用色素,感圧・感熱色素,文具用色素など数多くの実用的な色素が含まれる。…

※「生体色素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生体色素の関連キーワード天然有機化合物色素細胞メラニンフラビントッド色原体代謝体色

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android