コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生油気 セイユキ

大辞林 第三版の解説

せいゆき【生油気】

エチレンの異名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の生油気の言及

【アルケン】より

…一般式CnH2nで表される一群の化合物で,オレフィンolefin,オレフィン系炭化水素,エチレン系(エチレン列)炭化水素などともよばれる。古くから用いられていたオレフィンの名称は,気体アルケンが塩素と反応して油状物質をつくることから,ラテン語の〈油oleumをつくる物質〉に由来する(かつてエチレンC2H4は生油気olefiant gasとよばれた)。骨格をつくる炭素原子のうちの2個は二重結合で結ばれているが,他の炭素間結合はすべて単結合である。…

※「生油気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報