生竹(読み)ナマダケ

大辞林 第三版の解説

なまだけ【生竹】

〔「なまたけ」とも〕
切って間のない、青々とした竹。青竹。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なま‐だけ【生竹】

〘名〙 (「なまたけ」とも) 切りたての青々とした竹。青竹。〔日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生竹の関連情報