コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田打ち タウチ

デジタル大辞泉の解説

た‐うち【田打ち】

春、田植えの準備のため、を鋤(す)きかえすこと。田を打つこと。 春》「水流れきて流れゆく―かな/不器男」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たうち【田打ち】

初春、耕作のために田を打ち返すこと。 [季] 春。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

田打ちの関連キーワード御田祭[吉良川]畦塗り・畦塗花園の御田田打ち正月予祝儀礼睦月神事長滝延年西浦田楽田打ち桜仕事始め田打ち歌田打ち唄除草剤田植踊一人前コブシ労作歌沼田鉈田起し田遊び

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田打ちの関連情報