コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田毎の月 タゴトノツキ

デジタル大辞泉の解説

たごと‐の‐つき【田毎の月】

長野県更級(さらしな)郡冠着(かむりき)山姨捨(おばすて)山)のふもとの、小さな水田の一つ一つに映る月。名月として知られる。たごとづき。→姨捨山

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たごとのつき【田毎の月】

たくさん並んだ狭い田の一枚一枚に、月が映ること。特に、信濃しなの国姨捨山おばすてやまの棚田に映る月。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の田毎の月の言及

【階段耕作】より

…傾斜地は降雨などによる土壌浸食が著しいため,通常は森林や永久草地として利用されることが多いが,国土が狭小で人口密度が高い場合には,耕地がしだいに傾斜地に拡大し,階段耕作によって“耕して天に至る”景観が出現する。日本においても,瀬戸内海沿岸地域を中心として階段耕作は全国的に広く見られ,水田における顕著な例として,長野県の“田毎の月”は有名である。しかし傾斜が急であるほど作業能率は落ち,耕作者には過酷な労働を強いる方式でもある。…

【冠着山】より

…更級(さらしな)郡と東筑摩郡の境界をなす。安山岩からなる険しい山で,北麓斜面は階段状の水田が展開し,〈田毎(たごと)の月〉として観月の名所となり,《古今集》などの和歌で知られる。長野県を東北信と中南信に分ける自然的・人文的境界線に当たり,ここを境にして気候や景観が大きく変化する。…

※「田毎の月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

田毎の月の関連キーワード田毎蒸し戸倉棚田

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android