冠着山(読み)かむりきやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冠着山
かむりきやま

長野県北部,長野盆地南端にある山。標高 1252m。千曲市筑北村の境にある。山容は険しく,森林に覆われる。『大和物語』『今昔物語集』などの姥捨伝説の場所といわれており,姨捨山とも呼ばれてきた。『古今和歌集』『拾遺和歌集』では月の名所とうたわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かむりきやま【冠着山】

長野県の北部にある山。姥捨(うばすて∥おばすて)山とも呼ばれる姥捨伝説の地。標高1252m。更級(さらしな)郡と東筑摩郡の境界をなす。安山岩からなる険しい山で,北麓斜面は階段状の水田が展開し,〈田毎(たごと)の月〉として観月の名所となり,《古今集》などの和歌で知られる。長野県を東北信と中南信に分ける自然的・人文的境界線に当たり,ここを境にして気候や景観が大きく変化する。JR篠ノ井線はこの山を2656mのトンネルで越えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かむりき‐やま【冠着山】

長野県中北部、千曲市にある山。階段状に水田が発達し、田毎(たごと)の月の名所。姨捨山伝説がある。標高一二五二メートル。姨捨山。親捨山。更級(さらしな)山。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

はやぶさ2

JAXA(ジャクサ)(宇宙航空研究開発機構)による小惑星探査機、および探査計画の名称。平成17年(2005)に小惑星イトカワに到達しサンプル採取に成功したはやぶさの同型機により、地球近傍小惑星のアポロ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠着山の関連情報