コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町間/町見 チョウケン

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐けん〔チヤウ‐〕【町間/町見】

《「ちょうげん」とも》遠近・高低の町・間・尺を測量すること。
「口の広さが京間で五十三間、鼻の高さが―につもったらなんぼあらうか」〈滑・虚誕計・前〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

町間/町見の関連キーワード圏央道(首都圏中央連絡自動車道)首都圏中央連絡道(圏央道)広小路(愛知県名古屋市)日本海沿岸東北自動車道リニアモーターカー北海道横断自動車道東北横断自動車道中部横断自動車道四国横断自動車道東関東自動車道磁気浮上式鉄道中央自動車道東京急行電鉄近畿自動車道青函トンネル常磐自動車道蒲郡バイパス蒜山大山道路モノレール犬丸 徹三

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android