遠近(読み)おちこち

精選版 日本国語大辞典「遠近」の解説

おち‐こち をち‥【遠近】

〘代名〙 他称。
① あちらこちら。
※万葉(8C後)六・九二〇「ももしきの 大宮人も 越乞(をちこち)に しじにしあれば」
② 将来と現在。
※万葉(8C後)四・六七四「真玉付く彼此(をちこち)かねて言(こと)はいへど逢ひて後こそ悔にはありと言へ」
[語誌](1)本来は「近いところ・遠いところ」を対比的に指したと思われるが、漠然と「各所」の意でも用いられた。
(2)平安時代以降は、主に和歌などに現われる。歌学書で意味が問題にされているところから、遅くとも平安後期には既に日常語ではなかったと見られ、語形の似た「あちこち」が出現する。

えん‐きん ヱン‥【遠近】

〘名〙 (古く「えんぎん」とも)
① 遠さと近さ。遠いことと近いこと。遠い所と近い所。おちこち。遠邇(えんじ)
※続日本紀‐養老四年(720)三月己巳「量路程遠近、運物軽重
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「城下の横町、裏通りを遠近(ヱンキン)とたづね廻れど」 〔陶潜‐桃花源記〕
② 遠い所の人と近い所の人。遠人と近人。〔史記‐始皇本紀〕
③ 年月、日時などのあとさき。
※政基公旅引付‐永正元年(1504)八月一二日「年紀之遠近は只可然様に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遠近」の解説

えん‐きん〔ヱン‐〕【遠近】

遠い所と近い所。遠いことと近いこと。「遠近を問わず、多くの人々が集まる」

おち‐こち〔をち‐〕【近】

遠い所と近い所。あちらこちら。
「鶏の声も―に聞こえる」〈藤村千曲川のスケッチ
将来と現在。昔と今。
「またまつく―兼ねて言(こと)は言へど逢ひて後こそ悔いはありといへ」〈・六七四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android