遠近(読み)おちこち

精選版 日本国語大辞典「遠近」の解説

おち‐こち をち‥【遠近】

〘代名〙 他称。
① あちらこちら。
万葉(8C後)六・九二〇「ももしきの 大宮人も 越乞(をちこち)に しじにしあれば」
将来と現在。
※万葉(8C後)四・六七四「真玉付く彼此(をちこち)かねて(こと)はいへど逢ひて後こそ悔にはありと言へ」
[語誌](1)本来は「近いところ・遠いところ」を対比的に指したと思われるが、漠然と「各所」のでも用いられた。
(2)平安時代以降は、主に和歌などに現われる。歌学書で意味が問題にされているところから、遅くとも平安後期には既に日常語ではなかったと見られ、語形の似た「あちこち」が出現する。

えん‐きん ヱン‥【遠近】

〘名〙 (古く「えんぎん」とも)
① 遠さと近さ。遠いことと近いこと。遠い所と近い所。おちこち。遠邇(えんじ)
※続日本紀‐養老四年(720)三月己巳「量路程遠近、運物軽重
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「城下の横町、裏通りを遠近(ヱンキン)たづね廻れど」 〔陶潜‐桃花源記〕
② 遠い所の人と近い所の人。遠人と近人。〔史記‐始皇本紀〕
③ 年月、日時などのあとさき。
※政基公旅引付‐永正元年(1504)八月一二日「年紀之遠近は只可然様に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「遠近」の解説

おち‐こち〔をち‐〕【近】

遠い所と近い所。あちらこちら。
「鶏の声も―に聞こえる」〈藤村千曲川のスケッチ
将来と現在。昔と今。
「またまつく―兼ねてことは言へど逢ひて後こそ悔いはありといへ」〈・六七四〉
[類語]そこかしこここかしこあちこちあちらこちらそこここところどころ点点方方諸方各地各所随所

えん‐きん〔ヱン‐〕【遠近】

遠い所と近い所。遠いことと近いこと。「遠近を問わず、多くの人々が集まる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「遠近」の解説

【遠近】えん(ゑん)きん

距離。遠いところと近いところ。〔管子、乗馬〕壹宿のり。に數り。

字通「遠」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android