コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畦引き アゼヒキ

デジタル大辞泉の解説

あぜ‐ひき【×畦引き】

江戸時代、検地の際に、幅1尺(約30センチ)と畦の左右両わき1尺ずつを除いて測量し、その分だけ年貢を免除したこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

畦引きの関連キーワード江戸時代