コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畳鰯 タタミイワシ

3件 の用語解説(畳鰯の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たたみ‐いわし【畳×鰯】

カタクチイワシの稚魚を板海苔状に平らに干し固めた食品。軽く火であぶって食する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

畳鰯【たたみいわし】

主として,カタクチイワシの稚魚を生のまま薄く平らにして枠(わく)型に入れ,板状に伸ばし天日で干した製品。かるくあぶって食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

たたみいわし【畳鰯】

カタクチイワシの稚魚を竹の簀などで海苔のりのように漉き上げ、天日で干して板状にした食品。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畳鰯の関連キーワードカタクチイワシ片口鰯鯷鰯背黒鰯縮緬雑魚イワシ(鰯∥鰮)カタクチイワシ(片口鰮∥片口鰯)しらす(白子)釜揚げ白子