畳鰯(読み)タタミイワシ

大辞林 第三版の解説

たたみいわし【畳鰯】

カタクチイワシの稚魚を竹の簀などで海苔のりのように漉き上げ、天日で干して板状にした食品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たたみ‐いわし【畳鰯】

〘名〙 カタクチイワシの稚魚を生のまま、海苔をすくようにして葭簀(よしず)の上に並べて天日で乾し、一枚の網状にした食品。〔俳諧・毛吹草(1638)〕
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「この吸物はなんだ。たたみ鰯(イワシ)のせんば煮か」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android