コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片口鰯 カタクチイワシ

デジタル大辞泉の解説

かたくち‐いわし【片口×鰯】

ニシン目カタクチイワシ科の海水魚。全長約15センチ。背部は暗青色、腹部は銀白色。沿岸の表層を回遊し、太平洋沿岸の各地で漁獲。ごまめ煮干しの材料。ひしこいわし。しこ。せぐろいわし。 秋》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かたくちいわし【片口鰯】

ニシン目の海魚。全長15センチメートル 内外。下顎が小さい。体色は背側が青黒色、腹側が銀白色。しらす干し・煮干し・ごまめなどの材料とし、食用のほかカツオ釣りの生き餌とする。日本各地に分布。ヒシコイワシ。セグロイワシ。シコイワシ。シコ。タレクチ。 → イワシ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

片口鰯 (カタクチイワシ)

学名:Engraulis japonica
動物。カタクチイワシ科の海水魚

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

片口鰯の関連キーワードヒシコイワシ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android