片口鰯(読み)カタクチイワシ

デジタル大辞泉の解説

かたくち‐いわし【片口×鰯】

ニシン目カタクチイワシ科の海水魚。全長約15センチ。背部は暗青色、腹部は銀白色。沿岸の表層を回遊し、太平洋沿岸の各地で漁獲。ごまめ煮干しの材料。ひしこいわし。しこ。せぐろいわし。 秋》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かたくちいわし【片口鰯】

ニシン目の海魚。全長15センチメートル 内外。下顎が小さい。体色は背側が青黒色、腹側が銀白色。しらす干し・煮干し・ごまめなどの材料とし、食用のほかカツオ釣りの生き餌とする。日本各地に分布。ヒシコイワシ。セグロイワシ。シコイワシ。シコ。タレクチ。 → イワシ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

片口鰯 (カタクチイワシ)

学名:Engraulis japonica
動物。カタクチイワシ科の海水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かたくち‐いわし【片口鰯】

〘名〙 カタクチイワシ科の海魚。全長一八センチメートルに達する。背面は暗青色、腹面は銀白色。口は大きく、上あごは下あごより長く、吻端は丸く前方に突き出す。産卵期は春から秋にわたり、稚魚のシラスは長期間みられる。成魚は、ごまめ、田作りなどの乾製品にするほか、鰹釣りの生き餌(え)にし、稚魚は、いりこ、しらす干しなどにする。各地の近海に分布。しこ。まいわし。せぐろいわし。ひしこ。《季・秋》 〔大和本草(1709)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android