コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稚魚 ちぎょjuvenile

翻訳|juvenile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

稚魚
ちぎょ
juvenile

形態はほぼその種の特徴を表しているが,体の各部の特徴がまだ発現初期の魚。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ち‐ぎょ【稚魚】

卵からかえってまもない魚。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぎょ【稚魚】

卵からかえったのち、種の特徴を明確に示すまでに育った魚。 → 成魚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

稚魚
ちぎょ
juvenile

魚類の仔魚(しぎょ)が変態した次の発育段階。鰭条(きじょう)(ひれを支える棘(とげ)や軟条)の全数が出そろい、鱗(うろこ)が形成され、脊椎(せきつい)骨数が定数に達する。形態はほぼその種の特徴を現すようになるが、体の色彩や斑紋(はんもん)が未成魚や成魚と異なる。稚魚は若魚(わかうお)、未成魚を経て成魚になるが、稚魚と若魚は一般に幼魚(期)とよばれる。稚魚期には消化器官が完成し、本来のすみ場に移動するので、成魚と同じかそれに近い餌(えさ)を食べるようになる。また、各ひれが完成し、筋肉も発達するので仔魚期より運動能力が増大する。養魚では、稚魚になった当初に、不適当な餌を与えたことにより大量に死なすことがあり、また肉食魚の場合、稚魚どうしの共食い現象が現れて激減することがある。[落合 明・尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

稚魚の関連キーワード教材ちびっこメダカ キンギョのエサテトラフィン ベビーイカナゴ(コウナゴ)エンゼル ベビー水産動植物の種苗サケの回帰率どろめの葫饅シラスウナギひかりパピィ琵琶湖産鮎すくがらす釜揚げ白子毛仔・毛子縮緬雑魚人工種苗栽培漁業のれそれ釜揚白子土佐ぬた白子干し

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

稚魚の関連情報