コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白箸翁(読み)しらはしのおきな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白箸翁 しらはしのおきな

?-? 平安時代前期の不思議な老人。
貞観(じょうがん)(859-877)のころ京都で白箸をうり,年齢はつねに70歳と称していた。なくなったので埋葬されたが,二十数年後石室で法華(ほけ)経をあげている姿をある僧がみたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android