コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞観 ジョウガン

デジタル大辞泉の解説

じょうがん〔ヂヤウグワン〕【貞観】

平安前期、清和天皇陽成天皇の時の年号。859年4月15日~877年4月16日。
中国、太宗の時の年号。627~649年。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうがん【貞観】

年号(859.4.15~877.4.16)。天安の後、元慶の前。清和・陽成天皇の代。
中国、唐の太宗の年号(627~649)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうがん【貞観】

日本の元号(年号)。平安時代の859年から877年まで、清和(せいわ)天皇、陽成(ようぜい)天皇の代の元号。前元号は天安(てんあん)。次元号は元慶(がんぎょう)。859年(天安3)4月15日改元。清和天皇の即位にともない行われた(代始改元)。866年(貞観8)閏3月、国家的儀式を行う朝堂院の正門・応天門が放火されて炎上した。太政大臣の藤原良房(よしふさ)は、この事件をたくみに利用して伴氏と源氏を追い落とし、同年8月、幼少の清和天皇の外祖父であることを理由に摂政(せっしょう)に就任した。この政変は、応天門の変といわれる。良房の摂政就任は人臣として史上初。これにより、良房は藤原北家全盛の基礎を作った。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

貞観の関連キーワード新潟県柏崎市高柳町岡野町創業は易く守成は難し股を割いて腹に充たす愛知県豊田市杉本町嘉祥寺[日本]弘仁・貞観時代源貞子(1)貞観の大津波海部男種麻呂重子内親王狛人野宮成類聚三代格上毛野永世賀楽内親王依知秦福万布瑠道永南淵年名貞観彫刻貞観格式貞観儀式

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞観の関連情報