貞観(読み)ジョウガン

大辞林 第三版の解説

じょうがん【貞観】

年号(859.4.15~877.4.16)。天安の後、元慶の前。清和・陽成天皇の代。
中国、唐の太宗の年号(627~649)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

じょうがん【貞観】

日本の元号(年号)。平安時代の859年から877年まで、清和(せいわ)天皇、陽成(ようぜい)天皇の代の元号。前元号は天安(てんあん)。次元号は元慶(がんぎょう)。859年(天安3)4月15日改元。清和天皇の即位にともない行われた(代始改元)。866年(貞観8)閏3月、国家的儀式を行う朝堂院の正門・応天門が放火されて炎上した。太政大臣の藤原良房(よしふさ)は、この事件をたくみに利用して伴氏と源氏を追い落とし、同年8月、幼少の清和天皇の外祖父であることを理由に摂政(せっしょう)に就任した。この政変は、応天門の変といわれる。良房の摂政就任は人臣として史上初。これにより、良房は藤原北家全盛の基礎を作った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょうがん ヂャウグヮン【貞観】

[一] 平安時代、清和・陽成天皇の代の年号(貞観一八年一一月より陽成天皇の代)。天安三年(八五九)四月一五日、代始により改元。太政大臣藤原良房、摂政藤原良房・基経の時代。貞観一九年(八七七)四月、元慶(がんぎょう)と改元された。出典は「易経‐繋辞下」の「天地之道、貞観者也」による。
[二] 中国の唐の太宗の年号(六二七‐六四九)。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貞観の関連情報