白色レグホーン種(読み)はくしょくレグホーンしゅ(英語表記)white leghorn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白色レグホーン種
はくしょくレグホーンしゅ
white leghorn

鶏の一品種。全身白色。イタリアでつくりだされたもので,卵用種としては最も広く飼われている。年平均 200~220卵を産し,なかには1年に 365個の卵を産むものもある。アメリカでは卵用のほかに肉用としても改良されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる