コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百日参り ヒャクニチマイリ

大辞林 第三版の解説

ひゃくにちまいり【百日参り】

100日間、同一の社寺に詣でて祈願すること。百日詣で。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の百日参りの言及

【宮参り】より

…生後はじめて氏神に参って氏子となることで,初宮参りともいう。男児32日目,女児33日目に参る例が多いが,早い所では七夜に参り,また100日目に参るという遅い所もある。初宮参りをヒアケとかヒハレ,シメアゲなどというのは,生児の産屋の忌が明けたことを意味する。産婦の忌は75日たたぬと明けぬとされているので,30日前後の宮参りには母親は参加せず,産婆や仲人,姑などが生児を抱いたりおぶったりしていく。しかし元来は母子ともに忌明けを待って行ったものらしく,西日本ではモモカマイリといって,母子ともに100日目に参る例が多い。…

※「百日参り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百日参りの関連キーワード百日詣で乙女峠宮参り社寺