コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盗まれた街

デジタル大辞泉プラスの解説

盗まれた街

米国の作家ジャック・フィニイの長編SF(1955)。原題《The Body Snatchers》。身近な人々がいつの間にか謎の生命体に入れ替わっていく恐怖を描く、侵略テーマSFの傑作。『ボディ・スナッチャー/恐怖の街』(1956)、『SFボディ・スナッチャー』(1978)、『ボディ・スナッチャーズ』(1993)、『インベージョン』(2007)、と4度映画化されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

盗まれた街の関連キーワードジャック フィニー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android