コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傑作 ケッサク

デジタル大辞泉の解説

けっ‐さく【傑作】

[名・形動]
作品が非常にすぐれたできばえであること。また、その作品。「数々の傑作を残す」
言動などが突飛でひどくこっけいなこと。また、そのさま。「それは傑作な話だ」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けっさく【傑作】

( 名 ・形動 )
出来ばえのきわめてすぐれていること。また、その作品。 「次々に-が生まれた」
仕組んだわけではないのに、ひどく滑稽で面白みがある・こと(さま)。 「 -な出来事」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

傑作の関連キーワードブラームス:ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)シンガポールのアルメニアン教会濃縮メロンコリニスタグレッティルのサガベルゲングリューンアベベルムコルプスシャクンタラー34丁目の奇跡スタークエイクラフォンテーヌ石狩川殺人事件マスターピースエギルのサガ永遠なる序章フロマンタン孤独な場所でツキディデスババブーティ死線の風景ボイアルド

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傑作の関連情報