傑作(読み)けっさく

精選版 日本国語大辞典「傑作」の解説

けっ‐さく【傑作】

〘名〙
学、美術、工芸などで、作品が非常にすぐれたできばえであること。また、その作品。名作
※狂雲集(15C後)嘲文章「文金玉声、言々句々諸人驚」
※海潮音(1905)〈上田敏訳〉ブラウニング評「幾多の傑作あり」 〔陸游‐遊三井観詩〕
② (形動) 当人はまじめにやっている行為・言動が、他人にとっては滑稽に見える場合に、その行為・言動や行為者をいう皮肉な表現。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇「夫りゃ、〈略〉傑作ですね。どうもあの大頭が、女に文をやるなんて面白いじゃありませんか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「傑作」の解説

けっ‐さく【傑作】

[名・形動]
作品が非常にすぐれたできばえであること。また、その作品。「数々の傑作を残す」
言動などが突飛でひどくこっけいなこと。また、そのさま。「それは傑作な話だ」
[類語](1名作佳作佳編秀作労作力作大作/(2おかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「傑作」の解説

【傑作】けつさく

傑出した作品。・陸游〔張時可通判の詩編を贈らるるに謝す〕詩 傳して君に至り、(いよいよ)卓犖(たくらく) に投ずるの千は、皆

字通「傑」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android