傑作(読み)ケッサク

デジタル大辞泉 「傑作」の意味・読み・例文・類語

けっ‐さく【傑作】

[名・形動]
作品が非常にすぐれたできばえであること。また、その作品。「数々の傑作を残す」
言動などが突飛でひどくこっけいなこと。また、そのさま。「それは傑作な話だ」
[類語](1名作佳作佳編秀作労作力作大作良作/(2おかしい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「傑作」の意味・読み・例文・類語

けっ‐さく【傑作】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 文学美術工芸などで、作品が非常にすぐれたできばえであること。また、その作品。名作。
    1. [初出の実例]「傑作詩文金玉声、言々句々諸人驚」(出典:狂雲集(15C後)嘲文章)
    2. 「幾多の傑作あり」(出典:海潮音(1905)〈上田敏訳〉ブラウニング評)
    3. [その他の文献]〔陸游‐遊三井観詩〕
  3. ( 形動 ) 当人はまじめにやっている行為・言動が、他人にとっては滑稽に見える場合に、その行為・言動や行為者をいう皮肉な表現。
    1. [初出の実例]「夫りゃ、〈略〉傑作ですね。どうもあの大頭が、女に文をやるなんて面白いじゃありませんか」(出典:吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一〇)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「傑作」の読み・字形・画数・意味

【傑作】けつさく

傑出した作品。宋・陸游〔張時可通判の詩編を贈らるるに謝す〕詩 傳して君に至り、(いよいよ)卓犖(たくらく) 我に投ずるの千は、皆

字通「傑」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android