恐怖(読み)きょうふ

精選版 日本国語大辞典「恐怖」の解説

きょう‐ふ【恐怖】

〙 恐れおじること。恐ろしく感じること。また、その感じ。
※今昔(1120頃か)三「先づ宝螺(ほうら)一両度吹くに、若干の軍恐怖(きょうふ)して地に倒ぬ」 〔後漢書‐董卓伝〕

く‐ふ【恐怖】

〘名〙 (「く」は「恐」の呉音) おそれ。おじること。きょうふ。
※色葉字類抄(1177‐81)「恐怖 クョウフ 又クフ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「恐怖」の解説

きょう‐ふ【恐怖】

[名](スル)おそれること。こわいと思うこと。また、その気持ち。「恐怖にかられる」「人心を恐怖せしめる事件」「恐怖心」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android