恐怖(読み)きょうふ

デジタル大辞泉の解説

きょう‐ふ【恐怖】

[名](スル)おそれること。こわいと思うこと。また、その気持ち。「恐怖にかられる」「人心を恐怖せしめる事件」「恐怖心」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうふ【恐怖】

( 名 ) スル
恐れること。恐れ。 「 -感」 「 -心」 「人心を-せしむる事件/日本開化小史 卯吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐ふ【恐怖】

〘名〙 恐れおじること。恐ろしく感じること。また、その感じ。
※今昔(1120頃か)三「先づ宝螺(ほうら)一両度吹くに、若干の軍恐怖(きょうふ)して地に倒ぬ」 〔後漢書‐董卓伝〕

く‐ふ【恐怖】

〘名〙 (「く」は「恐」の呉音) おそれ。おじること。きょうふ。
※色葉字類抄(1177‐81)「恐怖 クョウフ 又クフ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恐怖の関連情報