恐怖(読み)きょうふ

精選版 日本国語大辞典「恐怖」の解説

きょう‐ふ【恐怖】

〙 恐れおじること。恐ろしく感じること。また、その感じ。
今昔(1120頃か)三「先づ宝螺(ほうら)一両度吹くに、若干の軍恐怖(きょうふ)して地に倒ぬ」 〔後漢書‐董卓伝〕

く‐ふ【恐怖】

〘名〙 (「く」は「恐」の呉音) おそれ。おじること。きょうふ。
※色葉字類抄(1177‐81)「恐怖 クョウフ 又クフ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「恐怖」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「恐怖」の解説

【恐怖】きようふ

おそれる。〔三国志、管輅伝〕(劉)曰く、此のの官舍に(しき)りに變怪り。人をして怖せしむ~と。輅(ろ)曰く、或いはの亂に、兵馬擾攘(ぜうじやう)し、軍屍血、丘山を染せるに因るならん。故に昏夕に因りて多く怪形るなりと。

字通「恐」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android