コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

盛り漆 サカリウルシ

デジタル大辞泉の解説

さかり‐うるし【盛り漆】

上質の生漆(きうるし)。漆の木から7月中旬から9月初旬ごろまでの間にとった漆液。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さかりうるし【盛り漆】

生漆きうるしの一種。七月中旬から九月初旬までの間に搔き取った漆液。一番の上等品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

盛り漆の関連キーワード生漆