コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目に秋毫の末を察すれば耳に雷霆の声を聞かず メニシュウゴウノスエヲサッスレバミミニライテイノコエヲキカズ

1件 の用語解説(目に秋毫の末を察すれば耳に雷霆の声を聞かずの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

目(め)に秋毫(しゅうごう)の末(すえ)を察すれば耳に雷霆(らいてい)の声を聞かず

《「淮南子(えなんじ)」俶真訓から》動物の毛の先ばかりを見ていると雷の激しい音が聞こえない。小さい事に心が向いていると、重大な事に気づかないというたとえ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

目に秋毫の末を察すれば耳に雷霆の声を聞かずの関連キーワード網無くて淵をのぞくな姮娥青女北叟淮南五色主無し寸を詘げて尺を伸ぶ生は寄なり死は帰なり大勇は闘わず水積もりて魚聚まる

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone