コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淮南子 えなんじ Huai-nan-zi

6件 の用語解説(淮南子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淮南子
えなんじ
Huai-nan-zi

中国,前漢の高祖の孫で淮南王の劉安 (前 179?~前 122) が編集させた論集。 21編。老荘思想 (→黄老 ) を中心に儒家,法家思想などを取り入れ,治乱興亡や古代中国人の宇宙観が具体的に記述されており,前漢初期の道家思想を知る際,不可欠の資料である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えなんじ〔ヱナンジ〕【淮南子】

中国、前漢時代の哲学書。21編。淮南(わいなん)王劉安(りゅうあん)が編纂(へんさん)させた「鴻烈(こうれつ)」の現存する部分。道家思想を基礎に周末以来の諸家の説を取り入れ、治乱興亡・逸事などを体系的に記述。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

淮南子【えなんじ】

中国で前2世紀に成立した書。淮南(わいなん)王劉安〔前179-前122〕の撰。劉安は多数の食客をかかえ,彼らとともに内書21,中書8,外書23の各編を著した。現存するのは内書21編で,初めに〈原道篇〉という原理的部分を置き,政治,兵学,天文,地理,時令などを含む。
→関連項目桐一葉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えなんじ【淮南子 Huái nán zǐ】

前漢の宗室の一人である淮南(わいなん)王劉安(前179‐前122)編の書物。全21編。劉安は幕下に多くの文人・学者を擁したが,本書は,道家の〈道〉の思想を中核として,彼らの保有する該博な知識をあまねく結集して編纂したもの。元来は単に〈内書〉と称され,〈鴻烈〉と美称された。その内容は,《老子》の〈道〉と《荘子》の〈真〉の思想を依拠として,現実世界の根源を論述する〈原道〉〈俶真〉2編に始まり,次いで,その根源から現実世界が形成され変化するありさまを,天人相関説陰陽五行説の理論に基づいて論述する〈天文〉〈地形〉〈時則〉3編を配し,以下,現実世界の諸相を政治論,人生論から戦略論などにわたって,無為・清静と外界への因循を旨とする道家思想を基調に,儒家・法家を初めとする諸子百家の思想を援引しつつ,多様多角にして重複をいとわぬ論弁によって汎論するものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えなんじ【淮南子】

○ 中国の学者、劉安りゆうあんの尊称。
中国、前漢代の思想書。二一編現存。淮南王わいなんおう劉安撰。道家・陰陽家いんようか・法家など諸学派の説を総合的に記述編集する。淮南鴻烈わいなんこうれつ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淮南子
えなんじ

中国、諸子(思想家たち)の雑家(総合学派)に属する百科全書風の思想書。前漢、淮南(わいなん)(寿春(じゅしゅん)を都とする、淮水中流域の国)の王であった劉安(りゅうあん)(前179―前122)の撰(せん)。21篇(ぺん)。劉安にはもともと内書21篇・外書33篇・中篇8巻をはじめとする多くの撰著があったが、現存の『淮南子』にあたる内書を除いてすべて散佚(さんいつ)した。武帝即位の翌年、紀元前139年成立。劉安は高祖劉邦(りゅうほう)の庶子(しょし)劉長(淮南の(れいおう))の子。謀反の罪に問われて自殺した父の後を継いで王となった。当時、漢の帝室は諸侯王の力の削減による中央集権の強化を図っていたが、その景帝が崩御した(前141)機会に、帝国治下の諸勢力・諸思想をすべて容認しつつそれらの緩やかな大調和による統一を実現せよと、18歳の武帝に要求して撰したのが本書である。劉安は前153年ごろから知識人を招いてそのパトロン役を引き受けていたので、各地から数千人の賓客(ひんきゃく)が淮南に身を寄せた。『淮南子』はこうして集まった諸子のさまざまな思想を網羅して、前述のごとき当時最新の政治的・思想的課題に答えるために編纂(へんさん)されたもの。
 21篇の構成は、道家の存在論を基礎に据え、世界の構成をモデルにした、道を探求した原道篇→一の根源的真理の俶真(しゅくしん)篇→二の天文篇・地形篇→四の時則篇→万物の覧冥(らんめい)から泰族(たいそう)に至る15篇、の展開よりなる。内容は、道家の「道」と儒家・墨家(ぼくか)などの「事」とを、ともに生かして両者を高次の「玄妙(げんみょう)」へとアウフヘーベン(止揚)し、それを永劫(えいごう)・普遍に有効な帝王の道として示す。また戦国時代以来のすべての百家の、天文学・地理学・時令思想・感応(かんのう)思想・君主論・兵法・説話集・修養論など、あらゆる分野の知識を含む。本書は、若い武帝に帝王の道としての思想統一の意義を教え、董仲舒(とうちゅうじょ)をはじめ対抗する儒家に中央集権政治思想の整備を促した。その結果、儒教の地位が急速に高まり(前136年以後の国教化)、ついに劉安を謀反の罪で自殺させるに至った(前122)。[池田知久]
『金谷治著『老荘的世界――淮南子の思想』(1959・平楽寺書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の淮南子の言及

【漢】より

…これは武帝時代に真の統一国家が完成し,中国が未曾有の版図を有して東アジアの一大中心となったという意識が,過去の歴史や文化を総括して新しい時代に対応する哲学的・歴史的解釈を導き出そうとする意識となって自覚されたものにほかならない。このように統一国家の出現を背景として顕著になる文化の統合主義には淮南王劉安が数千人の学者を動員して学問と知識の総合をはかった《淮南子(えなんじ)》の編纂があり,また劉向(りゆうきよう)・劉歆(りゆうきん)父子による中国最初の総合図書目録である《七略》(原本は佚す)や許慎による中国最初の字書の《説文解字(せつもんかいじ)》などもこの範疇に属する。さらに科学の方面に目をうつすと,暦法では司馬遷の太初暦とそれを改良した劉歆の三統暦,数学では《九章算術》,医学では《黄帝内経(こうていだいけい)》や張機の《傷寒論》などがある。…

※「淮南子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

淮南子の関連キーワード豆腐靖難の変劉安宗室大難斗南の一人わいな淮南千宗室(7代)千宗室(10代)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

淮南子の関連情報