コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

目も遥に メモハルニ

デジタル大辞泉の解説

目(め)も遥(はる)に

目の届くかぎりはるかなさま。和歌では「春」「芽も張る」などに掛けて用いる。
「津の国の難波の葦の―しげき我が恋人しるらめや」〈古今・恋二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

めもはるに【目も遥に】

目の届くかぎり。はるかに遠くまで。歌では多く「春」「芽も張る」などの意にかけていう。 「なぎたる朝は-霞にまがふあまのつり舟/新古今 雑中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

目も遥にの関連キーワード目・眼

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android