コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直衣始め ノウシハジメ

デジタル大辞泉の解説

のうし‐はじめ〔なほし‐〕【直衣始め】

三位以上の公卿が、勅許を受けて初めて直衣を着用すること。また、その儀式

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のうしはじめ【直衣始め】

関白・大臣などで直衣装束での参内を許されて、初めて直衣を着用すること。また、その儀式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

直衣始めの関連キーワード直衣装束参内

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android