相撲会所(読み)すもうかいしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相撲会所
すもうかいしょ

江戸時代の大相撲の職業組織。宝暦7 (1757) に結成されたといわれる。「相撲会所」から,明治 22 (1889) 年に「東京大角力協会」となり,大正 14 (1925) 年,財団法人を認可されて「大日本相撲協会」となり,昭和 33 (1958) 年1月「日本相撲協会」と変わった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の相撲会所の言及

【日本相撲協会】より

…職業相撲を興行するただ一つの団体。江戸時代からの相撲会所が,明治になって改革され,さらに1925年大阪相撲協会を合併して,財団法人大日本相撲協会となり,58年財団法人日本相撲協会に改称した。年寄(定員107人)全員と力士(4人),行司(2人)の代表で構成する評議員(年寄)の中から立候補制に基づく選挙によって役員の理事10人,監事3人を選び,理事長は理事の互選によって選出される。…

※「相撲会所」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android