コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝暦 ホウリャク

大辞林 第三版の解説

ほうりゃく【宝暦】

ほうれき【宝暦】

天子の年齢。宝算。宝運。

ほうれき【宝暦】

年号(1751.10.27~1764.6.2)。寛延の後、明和の前。桃園・後桜町天皇の代。ほうりゃく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ほうりゃく【宝暦】

⇒宝暦(ほうれき)

ほうれき【宝暦】

日本の元号(年号)。江戸時代の1751年から1764年まで、桃園(ももぞの)天皇、後桜町(ごさくらまち)天皇の代の元号。前元号は寛延(かんえん)。次元号は明和(めいわ)。1751年(寛延4)10月27日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『貞観政要(じょうがんせいよう)』を出典とする命名。宝暦年間の江戸幕府の将軍は、徳川家重(いえしげ)(9代)、徳川家治(いえはる)(10代)。第8代将軍の徳川吉宗(よしむね)は1745年(延享2)に隠居して嫡男の家重に将軍職を譲ったが、実権は引き続き大御所となった吉宗にあった。しかし、その吉宗も1751年(宝暦1)に死去し、大御所政治も終わりを告げた。家重は側近の大岡忠光(ただみつ)を重用して、側用人(そばようにん)を復活させた。家重は忠光の死後の1760年(宝暦10)に嫡男の家治に将軍職を譲り、その翌年に死去している。家治は田沼意次(おきつぐ)を側用人としたが、次第に政治から遠ざかり、意次を老中として幕政を任せるようになった。◇「ほうりゃく」とも読む。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

宝暦の関連キーワード井筒屋庄兵衛(4代)望月太左衛門(1世)竹本組太夫(初代)勘解由小路資望御触書宝暦集成国包(10代)閑院宮直仁親王武者小路実岳山口市左衛門国包(9代)高原村長兵衛喜連川氏連大久保教倫土御門泰邦中沢浅之丞毛利広寛酒井忠大田沼意次雲谷等意災異改元

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宝暦の関連情報