コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝暦 ホウリャク

7件 の用語解説(宝暦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほうりゃく【宝暦】

ほうれき(宝暦)

ほうれき【宝暦】

江戸中期、桃園天皇後桜町天皇の時の年号。1751年10月27日~1764年6月2日。ほうりゃく。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の元号がわかる事典の解説

ほうりゃく【宝暦】

⇒宝暦(ほうれき)

ほうれき【宝暦】

日本の元号(年号)。江戸時代の1751年から1764年まで、桃園(ももぞの)天皇、後桜町(ごさくらまち)天皇の代の元号。前元号は寛延(かんえん)。次元号は明和(めいわ)。1751年(寛延4)10月27日改元。天災の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『貞観政要(じょうがんせいよう)』を出典とする命名。宝暦年間の江戸幕府の将軍は、徳川家重(いえしげ)(9代)、徳川家治(いえはる)(10代)。第8代将軍の徳川吉宗(よしむね)は1745年(延享2)に隠居して嫡男の家重に将軍職を譲ったが、実権は引き続き大御所となった吉宗にあった。しかし、その吉宗も1751年(宝暦1)に死去し、大御所政治も終わりを告げた。家重は側近の大岡忠光(ただみつ)を重用して、側用人(そばようにん)を復活させた。家重は忠光の死後の1760年(宝暦10)に嫡男の家治に将軍職を譲り、その翌年に死去している。家治は田沼意次(おきつぐ)を側用人としたが、次第に政治から遠ざかり、意次を老中として幕政を任せるようになった。◇「ほうりゃく」とも読む。

出典|講談社
日本の元号がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宝暦の関連情報