真締(ま)り(読み)シンシマリ

デジタル大辞泉の解説

しん‐しまり【真締(ま)り】

[名・形動]《「しんじまり」とも》表面は締まりがないようで、心底はしっかりしていること。また、そのさま。
「信さんって人は、ぐうたらなようで、―で」〈里見弴多情仏心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例