心底/真底(読み)シンソコ

デジタル大辞泉の解説

しん‐そこ【心底/真底】

[名]
心の奥底。心根(こころね)。しんてい。「―から感服する」
(真底)物事のいちばんの奥底。いちばん深いところ。
「その道で苦労して来た人のように―まで解る筈はない」〈里見弴多情仏心
[副]心から。本当に。「―ほれる」「―あきれる」

しん‐てい【心底】

心の底。心の奥で思っていること。しんそこ。「心底を見抜く」「心底から憎む」
心臓の上部で、大血管が出入りする部分。主に左心房右心房の一部からなる。→心尖(しんせん)
[補説]2で、心臓は底面が上を向いた逆円錐(えんすい)状をしているため、上方にあっても心底と呼ばれる。→子宮底[補説]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんてい【心底】

心の奥底。心の中で考えていること。本心。しんそこ。 「 -を見抜く」
相手に真情をそそぐこと。また、その相手。情人。 「彼の吉原の-方よりまえつた玉章たまずさを/滑稽本・八笑人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐てい【心底】

〘名〙
① こころのそこ。いつわりや飾りのないまったくの本心。胸底真情。しんそこ。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)七月五日「吾有心底而法華経之読誦」
※太平記(14C後)八「子房が心底(しんテイ)に秘せし所にて候はずや」
② 相手を愛し、真情を尽くすこと。また、その相手。情人。
※洒落本・四十八手後の巻(1818か)外花街「しんていとはここのうちに限り、仮宅からの通言、いろおとこの事也」
※歌舞伎・御国入曾我中村(1825)中幕「ありゃア小紫さんへ大心底だぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android