心底/真底(読み)シンソコ

デジタル大辞泉の解説

しん‐そこ【心底/真底】

[名]
心の奥底。心根(こころね)。しんてい。「―から感服する」
(真底)物事のいちばんの奥底。いちばん深いところ。
「その道で苦労して来た人のように―まで解る筈はない」〈里見弴多情仏心
[副]心から。本当に。「―ほれる」「―あきれる」

しん‐てい【心底】

心の底。心の奥で思っていること。しんそこ。「心底を見抜く」「心底から憎む」
心臓の上部で、大血管が出入りする部分。主に左心房右心房の一部からなる。→心尖(しんせん)
[補説]2で、心臓は底面が上を向いた逆円錐(えんすい)状をしているため、上方にあっても心底と呼ばれる。→子宮底[補説]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんてい【心底】

心の奥底。心の中で考えていること。本心。しんそこ。 「 -を見抜く」
相手に真情をそそぐこと。また、その相手。情人。 「彼の吉原の-方よりまえつた玉章たまずさを/滑稽本・八笑人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報