コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見弴 さとみとん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

里見弴
さとみとん

[生]1888.7.14. 横浜
[没]1983.1.21. 鎌倉
小説家。本名,山内英夫。有島武郎生馬の末弟。母の実家山内家を継いだ。兄の友人志賀直哉の強い影響を受け,学習院高等科を経て東京大学英文科中退 (1909) 。翌年創刊の『白樺』に参加。『晩 (おそ) い初恋』 (15) で認められ,人間の「まごころ」を巧みな心理描写で描く『善心悪心』 (16) ,身分差をこえた自由結婚を描く自伝小説『妻を買ふ経験』 (17) などを発表。 1922~23年にはこれらの「まごころ哲学」を集大成した代表作『多情仏心』を発表した。おのれに忠実に生きるモラルは『今年竹 (ことしたけ) 』 (19~26) ,『大道無門』 (26) ,『安城家の兄弟』 (31) などの主要作品に受継がれ,会話や場面の卓越した描写力とともに里見文学の信条となった。なお 19年には久米正雄,吉井勇らと『人間』を創刊するなど,一貫してイデオロギー的なものに背を向け通したことも特徴。ほかに『銀二郎の片腕』 (17) ,『かね』 (37) ,『美事な醜聞』 (47) ,『極楽とんぼ』 (61) ,随筆集『銀語録』 (38) など。芸術院会員。 59年文化勲章受章。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見弴 さとみ-とん

1888-1983 明治-昭和時代の小説家。
明治21年7月14日生まれ。有島武の子。有島武郎(たけお),有島生馬(いくま)の弟。志賀直哉の影響をうけ,明治43年「白樺」の創刊にくわわる。大正5年短編集「善心悪心」でみとめられる。8年久米正雄らと「人間」を創刊。「多情仏心」「安城家の兄弟」と長編の代表作をかきつぎ,戦後は「極楽とんぼ」などを発表した。昭和34年文化勲章。昭和58年1月21日死去。94歳。神奈川県出身。東京帝大中退。本名は山内英夫。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さとみとん【里見弴】

1888‐1983(明治21‐昭和58)
小説家。横浜生れ。本名山内英夫。有島武郎,生馬は実兄。東大英文科中退。1910年に武者小路実篤,志賀直哉らと《白樺》を創刊。13年《君と私と》等を発表。大阪での芸者との恋愛,結婚を清新に描いた《晩い初恋》(1915),《妻を買ふ経験》(1917)と,志賀らとの青春の彷徨を描いた《善心悪心》(1916)によって文壇にデビューした。19年には吉井勇,久米正雄らと《人間》を創刊。長編小説にも手を染め,《今年竹》(1919‐26),《多情仏心》(1922‐23)などを書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さとみとん【里見弴】

1888~1983) 小説家。横浜生まれ。本名、山内英夫。東大中退。有島武郎・生馬の弟。「白樺」創刊に参加。道義的傾向と享楽的傾向を併存させた作風で、代表作「多情仏心」には独自の倫理観「まごころ哲学」を示す。他に「大道無門」「極楽とんぼ」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

里見
さとみとん
(1888―1983)

小説家。明治21年7月14日横浜に生まれる。本名山内英夫。父は有島武。生まれてすぐ母方の山内家を継ぐ。ただし有島家で育ち、兄に小説家の有島武郎(たけお)、画家の有島生馬(いくま)がいる。学習院を経て東京帝国大学英文科中退。先輩の志賀直哉(なおや)の影響を受け、さらに泉鏡花(きょうか)に傾倒。武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)、志賀らと1910年(明治43)4月『白樺(しらかば)』を創刊した。その後『白樺』の仲間との「友達耽溺(たんでき)」を一時中断、大阪に住み、山中家の芸妓(げいぎ)まさと同棲(どうせい)、のち父母の許しを強要し結婚。第一短編集『善心悪心』(1916)により志賀の影響を脱皮し自己を確立した。短編小説の名手として芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)らと新技巧派の有力な存在となり、大正期文壇の中堅作家として活躍。19年(大正8)に久米正雄(くめまさお)、吉井勇(いさむ)らと『人間』を創刊、主義や主張より生身の人間の魅力を十全に生かすべく努めた。短編の代表作に『銀二郎の片腕』『父親』『椿(つばき)』などがあり、人の心の機微を適確に描く芸の力を発揮。長編では、多情でありつつ仏心という「素(す)なる生き方」を大胆に肯定した『多情仏心』前後篇(へん)(1922~23)や、有島家の一族に材をとった『安城(あんじょう)家の兄弟』(1931)などがあり、戦時下においてもリベラルな立場を堅持。『十年』(1947)によって戦時の上層階層の風俗を活写、独特の語り口は随筆や回想集においても発揮される。60年(昭和35)に文化勲章を受けたが、さらに晩年の円熟を示す傑作『極楽(ごくらく)とんぼ』(1961)を刊行、主人公の自由闊達(かったつ)な生涯を滑らかな語りの口調で一気に描き称賛された。また『五代の民(たみ)』(1970)で読売文学賞受賞。老いても筆力は衰えず、1年の半分を栃木県の那須(なす)高原で過ごす。悠々天寿を全うし『白樺』最後の作家として、昭和58年1月21日鎌倉で死去。94歳。[紅野敏郎]
『『里見全集』全10巻(1977~79・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の里見弴の言及

【多情仏心】より

里見弴(とん)の長編小説の代表作。1922年(大正11)から23年にかけて《時事新報》に連載。…

※「里見弴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

里見弴の関連キーワード痩せさらぼえるねつっこい吊るしんぼいくたてやきやき鼻っ張り不知案内大肌脱ぎ切細裂くちらめく深増さる昭和時代待ち惚け幼気盛り一散走り風立つ時外れ言葉敵傍聞き倫理観

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

里見弴の関連情報