コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

眠れる獅子 ネムレルシシ

とっさの日本語便利帳の解説

眠れる獅子

西欧列強諸国が日清戦争(一八九四~九五)までの中国の強大さ、潜在的力量に対して抱いていた畏怖の念を表したことば。日清戦争敗退後、そうした畏れは払拭され、帝国主義的進出が加速されることとなる。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

ねむれるしし【眠れる獅子】

すばらしい実力をもちながら、まだ十分に力を出しきっていない人や国をたとえていう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

眠れる獅子の関連キーワードジャンヌー[山]中国脅威論眠る・睡る

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android