敗北(読み)はいぼく

精選版 日本国語大辞典「敗北」の解説

はい‐ぼく【敗北】

〘名〙 (古くは「はいほく」) 戦いに負けて逃げること。敗走。また、現代では単に、負けることをいう。
平家(13C前)五「みなもって北せずといふ事なし」 〔史記‐項羽本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「敗北」の解説

はい‐ぼく【敗北】

[名](スル)
戦いに負けること。「ライバルとの決戦に敗北する」⇔勝利
戦いに負けて逃げること。敗走。
「みなもって―せずといふ事なし」〈平家・五〉
[類語]負け劣敗連敗力負け一敗陥落落城敗走潰走帰服帰順屈従服従忍従参る降伏降参投降恐れ入る負けるギブアップかぶとを脱ぐシャッポを脱ぐ一本取られる敗れる敗戦負け戦敗退完敗惨敗大敗惜敗やられる土がつく一敗地にまみれる屈するふくする屈服くじけるひざを屈するひざをかがめる軍門にくだ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「敗北」の解説

【敗北】はいぼく

敗戦。敗走。〔史記、項羽紀〕(われ)してより今に至るまでなり。身(みづか)ら七十餘戰~未だ嘗(かつ)て敗北せず。天下せり。

字通「敗」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android