眼下の敵

デジタル大辞泉プラスの解説

眼下の敵

英国の海軍軍人D・A・レイナーの海洋冒険小説(1956)。原題《The Enemy Below》。1957年ディック・パウエル監督で映画化。

眼下の敵

1957年製作のアメリカ映画。原題《The Enemy Below》。D・A・レイナーの同名小説の映画化。監督:ディック・パウエル、出演:ロバート・ミッチャム、クルト・ユルゲンス、アル・ヘディソンほか。第30回米国アカデミー賞特殊効果賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

眼下の敵の関連情報