コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知行取り チギョウトリ

デジタル大辞泉の解説

ちぎょう‐とり〔チギヤウ‐〕【知行取り】

武家時代、知行でもらうこと。また、その人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぎょうとり【知行取り】

江戸時代、封禄を知行でもらう者。知行所を与えられ、その土地の年貢を俸禄として受ける武士。蔵米取りよりも格が高い。
一般に、主君から俸禄を受ける者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知行取りの関連キーワード地方取り蔵米取り武家時代家禄給人地頭表高俸禄内高

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android