コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ロク

デジタル大辞泉の解説

ろく【×禄】

官に仕える者に下付される給与。律令制では絁(あしぎぬ)・綿・布・鍬(くわ)・穀物などが身分に応じて与えられたが、後世は知行地・扶持米(ふちまい)・給金などに変わった。給与。給金。扶持。
当座の褒美・贈り物などとして与えられるもの。祝儀。引き出物。

ろく【禄〔祿〕】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ロク(呉)(漢)
神の恵みによる幸運。「天禄福禄
扶持(ふち)。俸給。「禄米加禄高禄爵禄秩禄微禄・封禄・俸禄無禄余禄
身に備わった重々しさ。「貫禄
[名のり]さち・とし・とみ・よし

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろく【禄】

官に仕える者に支給される手当。俸禄。
当座の賞与。かずけもの。 「力を尽くしたること少なからず。しかるに-いまだ給はらず/竹取」
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ろく

仕官する者に下付される給与。古代においては律令(りつりょう)制に規定された、官人に対する支給で、四、五位の者に与える位禄(いろく)と、在京の文武官人、大宰府(だざいふ)・壱岐(いき)・対馬(つしま)の官人に春夏・秋冬の2回給される季禄(きろく)とがあった。施禄の品にはあしぎぬ、布、綿、鍬(くわ)、糸など手工芸品が主であった。
 近世では一般に俸禄(ほうろく)とよび、将軍・大名から家臣に与えられる蔵米(くらまい)のことをさした。知行地(ちぎょうち)を支給して年貢を収納する地方(じかた)知行制は、高位の家臣のみを対象として少なくなったためである。所領の年貢徴収権は領主が一手に収めて、家臣には知行高に応じて俸禄を支給する蔵米知行制が発達、このため家臣団の財政は、領主の財政に対する依存度が大きくなったが、一方では武士が知行地の支配を気にせず、吏僚として行政の職務に専念できるようになった。[北原 進]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

禄の関連情報